ひなの宵・梅が香

2月 24th, 2018 Posted in blog, new | No Comments »

 

3月3日のひな祭り、岐阜市で3月中旬に開催される梅まつりにちなんだお菓子を紹介させていただきます。

 

『ひなの宵』は、丹波大納言小豆粒あんを求肥で包んだものを薄く伸ばしておぼろ種で挟み、表面にすり密を引いて仕上げました。求肥と丹波大納言の風味、すり密のほのかな甘みのバランスをお楽しみいただけます。

 

当店は岐阜市の梅の名所として知られる梅林公園の近くにあります。ここには50種1300本の梅の木が植えられており、毎年3月中旬に開催される梅祭りには多くの人々が訪れます。

 

この梅林にちなんだ『梅が香』は、和三盆糖で風味を整えた梅肉を薄種で合わせ、すり蜜を引いた干菓子です。梅の香りと和三盆糖のほのかな甘みが口いっぱいに広がります。

 

*『梅が香』は、天皇・皇后両陛下が岐阜にお越しになられた際に召し上がっていただいた献上菓子です。

 

季節感あふれるこの2種類の御菓子を是非ご賞味ください。

 

梅が香とひなの宵

 

 

年末年始の営業に関するお知らせ

12月 30th, 2017 Posted in blog, 季節の生菓子 | No Comments »

 

いよいよ年の瀬も押し迫ってきました。今年も一年大変お世話になりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。おきなやは年内は無休、正月は2日より営業いたします。新年の和菓子を各種取り揃えてお待ちしております。

 

新年菓

クリスマス和菓子予約承り中

12月 3rd, 2017 Posted in blog, 季節の生菓子 | No Comments »

 

クリスマスの和菓子12月24日までご予約承り中です。2種類のデコレーションきんとんと3種類の生菓子(練り切り製サンタ、きんとん製聖夜、ういろう製栗入りトナカイ)です。ぜひ一度ご賞味ください。

 

クリスマス生菓子(サンタ・ツリー・トナカイ)

 

きんとんデコレーション サンタ・リース

 

美殿町ハロウィン

10月 22nd, 2017 Posted in blog | No Comments »

 

おきなやではハロウィンにちなんだジャックオーランタン最中と練り切りを販売しています。限定商品ですのでお早めにお求めを!また、おきなやが立地する美殿町通りでは、今年も10月28日(土)に「美殿町ハロウィン」を開催します。みなさんぜひ仮装して来てくださいね!トリック オア トリート!http://mitonomachi.com/archives/8627

 

ハロウィン和菓子

鮎菓子シーズン間もなく終了です

9月 16th, 2017 Posted in blog, new, 季節の生菓子, 献上菓子, 鮎菓子 | No Comments »

 

岐阜の鵜飼シーズンもあと1か月を切りました。おきなやの鮎菓子は鵜飼の開催時期のみ販売していますので、今シーズンの製造期間もあと半月程度になってしまいました。鵜飼の季節が終わる前にぜひ今一度当店の鮎菓子をご賞味ください!

 

製造された鮎菓子

 

鮎菓子モロブタ(木箱)入

 

鮎菓子箱

 

 

栗きんとん販売開始します

9月 7th, 2017 Posted in blog, 季節の生菓子 | No Comments »

 

今日は24節気の『白露』です。大気が冷えてきて露ができはじめるころとされています。24節気とは簡単に言えば1年(太陽年)を24等分し、それぞれに季節を表す名称を付けたもので、和菓子の意匠の参考にされることも多く、季節の移り変わりを示す指標になっています。

当店では明日から栗きんとんの販売を開始します。吟味した国内産のみの栗を使用しています。ほくほくに蒸した栗の実をひとつひとつ手作業で丁寧にかき出し、砂糖と丹波の白小豆あんを合わせて練り上げます。一般的な茶巾絞りの形ではなく、そぼろ状のきんとんにして口当たりの良いお菓子に仕上げています。ぜひ一度ご賞味ください。

 

栗きんとん・山かづら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最中の由来

8月 31st, 2017 Posted in blog, 半生菓子 | No Comments »

 

おきな最中:北海道産の良質で風味豊かな大納言小豆から作る自家製あんを使用しており、皮も大変香ばしく、長年親しまれている当店の代表銘菓の一つです。ぜひ一度ご賞味くださいませ。

 

最中というと普通は中にあんが入っていて、外側はパリッとした皮に包まれているお菓子というイメージですが、この最中という名前はどこからきているのでしょうか?

 

その語源は平安時代に作られた源順(みなもとのしたごう)の歌で、今から1200年ほど前にさかのぼります。

 

「池の面に 照る月なみを 数ふれば 今宵ぞ秋の 最中なりける」

池の水面に、きれいな満月が写っていると思ったら今夜は十五夜の満月だった、つまり最中とは十五夜の満月を指しています。

 

宮中での月見の宴において白い丸餅の御菓子が中秋の名月を連想させたことから読まれた歌です。

 

その後江戸時代になって、その句にちなんだ「最中の月」という餅菓子が売り出されたのが最中というお菓子の由来です。その後月が取れてあんを挟んだ最中饅頭となり、現在に至ります。

 

今は形も中身もいろいろな種類のものが作られていますね。

 

おきな最中

 

おきな最中2

 

おきな最中詰合せ

 

 

 

 

夏の水菓子

8月 5th, 2017 Posted in blog, 水菓子 | No Comments »

 

大変暑い日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

今回は夏らしい水菓子を紹介させていただきます。

 

水ようかん

 

こはくゼリー

 

道明寺ゼリー

 

 梅ゼリー

 

いよかんゼリー

 

さんざし・ブルーベリーゼリー

 

各285円(税込)

 

 

上質の体に良い食材を贅沢に使った当店オリジナルの水菓子です。

 

水ようかんには、高品質の北海道産小豆から作る自家製あん。

 

梅ゼリーには高品質の紀州産の青梅。

 

道明寺羹は和菓子の本場京都から取寄せた最高級の道明寺。

 

いよかんぜりーには愛媛産のいよかんを惜しみなく使用し、

 

こはく羹には、小豆の中で最高級とされる京都丹波大納言小豆をちりばめています。

 

さんざしには血液をさらさらにする成分が含まれており、ブルーベリーも目に良いことで知られています。

 

このように6種類それぞれ味にこだわり、材料も吟味しています。

 

食べておいしく、健康的な当店の水菓子は、よく冷やしてお召し上がりになると、すっきりしたのどごしをお楽しみいただけます。

 

また、絵も当店のスタッフの手描きです。

 

涼しさをお届けする夏のご贈答用のお菓子としておすすめです。

 

お求めはこちらから

 

豆乳・さんざしぷりん

7月 16th, 2017 Posted in blog, 季節の生菓子 | No Comments »

 

豆乳・さんざしぷりん
豆乳とさんざしというユニークな組み合わせですが、すっきりさっぱりの健康的なプリンです。豆乳の濃さが増してさらにおいしくなりました!

豆乳さんざしプリン

 

水菓子販売中です

6月 26th, 2017 Posted in blog, 季節の生菓子 | No Comments »

 

水菓子がおいしい季節ですね。お中元などの贈答用にぜひ当店の水菓子をどうぞ!

お買い求めはこちらからどうぞ。

 

水菓子詰合せ

 

水菓子6種類