ひなの宵・梅が香

 

3月3日のひな祭り、岐阜市で3月中旬に開催される梅まつりにちなんだお菓子を紹介させていただきます。

 

『ひなの宵』は、丹波大納言小豆粒あんを求肥で包んだものを薄く伸ばしておぼろ種で挟み、表面にすり密を引いて仕上げました。求肥と丹波大納言の風味、すり密のほのかな甘みのバランスをお楽しみいただけます。

 

当店は岐阜市の梅の名所として知られる梅林公園の近くにあります。ここには50種1300本の梅の木が植えられており、毎年3月中旬に開催される梅祭りには多くの人々が訪れます。

 

この梅林にちなんだ『梅が香』は、和三盆糖で風味を整えた梅肉を薄種で合わせ、すり蜜を引いた干菓子です。梅の香りと和三盆糖のほのかな甘みが口いっぱいに広がります。

 

*『梅が香』は、天皇・皇后両陛下が岐阜にお越しになられた際に召し上がっていただいた献上菓子です。

 

季節感あふれるこの2種類の御菓子を是非ご賞味ください。

 

梅が香とひなの宵

 

 

Posted on 土曜日, 2月 24th, 2018 at 10:36 PM and is filed under blog, new. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a reply

Name (*)
Mail (will not be published) (*)
URI
Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)